トップ > 5 磯釣り用のブーツはどれがいい? > 磯釣り用のブーツとは?-磯釣り初心者が選ぶべきブーツとは

【グレ(メジナ)釣りなんて、俺には無理と諦めてませんか?】
グレ・メジナ釣りはコツさえ身に着ければ初心者でも簡単に釣れます!
「グレ釣り大会で24回優勝した「山元八郎」が教える
グレ(メジナ)が面白いほど釣れる方法に興味ないですか?

※今だけ限定公開ですので終了していたらゴメンナサイ!
大変好評につき、お早めに確認を!

【気になる体験者の感想は上記で確認を!】

磯釣り用のブーツとは?-磯釣り初心者が選ぶべきブーツとは

釣り用ブーツは、磯釣りの必需品です。

磯釣りに行くと、足場が悪いところを歩くことが多いですし
突然荒波が襲いかかったときにも、足回りがしっかりしていれば
力を入れて踏ん張れます。

磯釣りに行く時は必ずブーツを持って行きましょう。

磯釣り用のブーツは、底材がスパイクのものと
フェルト素材のものがあります。

スパイクが付いたブーツの良い点は
岩場で踏ん張れるので安定性が良いことです。

特に、傾斜した岩場を降りる時など
安心感があるので人気です。

しかし、スパイクが付いたブーツを
過信しすぎるのは事故のもとです。

磯で海藻が生えていたり、波のかかる岩場を歩くときなど
意外と滑りやすいものです。

それにスパイクが付いている分ブーツが重たいので
長い間履いていると疲れてしまいます。

一方、靴裏がフェルトのブーツは
滑りやすいところでも安定して歩けますし
疲れにくいのが特徴です。

しかし、その特徴が裏目に出て
土の上や傾斜地では滑りやすいので
注意しましょう。

靴裏がスパイクのものにするか
それともフェルト素材のブーツにするか?

両方の特性を良く知った上で
訪れる釣り場の状態に合わせて選びましょう。

つまり釣り場の下調べが大事ですね。

温かい季節にはつい忘れがちですが
ブーツの保温性も忘れずチェックしておきましょう。

冬場は、裏起毛や底の厚いブーツを選ぶと
より快適に磯釣りが楽しめますよ。

【これがあれば磯釣りは怖くない!】
「磯釣り歴50年のベテラン「山元八郎」が教える
初心者でも簡単に釣れる!磯釣りの「大物」
グレ(メジナ)を面白いほど釣る方法に興味がないですか?

※今だけ限定公開ですので終了していたらゴメンナサイ!
大変好評につき、お早めに確認を!

【気になる体験者の感想は上記で確認を!】
この記事のカテゴリーは「5 磯釣り用のブーツはどれがいい?」です。
磯釣り用のブーツは何がいいの? そんな疑問にお答えしています
関連記事

磯釣り用のブーツとは?-磯釣り初心者が選ぶべきブーツとは

釣り用ブーツは、磯釣りの必需品です。 磯釣りに行くと、足場が悪いところを歩くこと...